読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

If today were the last day of my life

やりたいことをがんばるブログ

転職の面談と技術テストを受けてきた話

経緯とか概要

  • 渋谷界隈でインターネット関連というイマドキの企業
  • 転職サイト経由でスカウトが来た
  • マネージャーと30分程度の面接
  • その後、用意されたPCでコーディング試験

技術テスト概要

  • プログラムを書いても良いし、設計書を書いても良いし、テスト仕様書でも良い
  • ぐぐってOK。環境にはSublimeAtomなどの各種エディタ、Office、あとWinSCP, PuTTY
  • コーディングならPHPのみ
  • 提示された売上テーブルから対象日、セールイベントごとに売上サマリをCSV出力する
  • テーブルはmysqlに存在していて、接続情報が提示されている
  • Webじゃなくてコマンドライン実行(←PHPでやったことないよ!でもぐぐればわかるかな)

そしてテスト開始

もちろんコーディングを選択。
まずはHello Worldを出力するphpファイルを作ってアップロード
で、コマンドラインから>php index.php
が、エラー。Could not open input file...
えー開けない?権限かな?フルパス指定したりとかパーミッション変えたりとかするもNG。
待てよ、これはトラップなのでは?そもそもこんな単純に実行できるか?
php -vを叩く。・・・V5.4なんたらかんたら。大丈夫そうじゃん。
Guestアカウントでログインしてもらったが、そもそもGuestで実行するには設定がいるのか?
邪推しつつも、ぐぐりまくる。Stack Overflowで似たような事例を発見。
しかしサーバの設定を変えるのは宜しくなさそうだ。
そうこうしているうちに制限時間45分のうち20分が経過。担当者は試験開始と共に退室している。
やばい。背に腹はかえられぬ。いったん簡単そうなテスト仕様書を作ろう。
Atomを開きMarkdownで正常系、異常系のテストケースを列挙していく。
10分くらいで一通り書いた感。そもそも単純な仕様のプログラムに大したテストケースは無いだろう。
申し訳程度に境界値テストを追加してみる。意地悪系はいるかな?

とりあえずこれで採点されない事は無いだろう。
サーバの方に戻ってみる。
なぜ実行できないのか。
lsしたら、そもそもファイルが見えない。
ここでふと気がついた。これ、見えないのでは無く、本当に存在しないのでは?
ちょうど担当者が戻ってきた。事情を説明する。表情が曇る。
そしてWinSCPPuTTYの接続情報を確認する。
ホスト名を見ると、、、片方はクラウド、片方は物理サーバ(多分)が指定されていた。
これらは担当者が設定してくれたので、正しいものだと思い込んでいた。
担当者は平謝り。トラップでは無かったらしい。
私もエンジニアでありながら気づけなくて情けない。
申し訳程度だが、と、バックアップ策で作成したテストケースを見せたらかなり安心してくれた。
きっとそのままでは評価のしようも無く、またその理由も担当者の不備では怒られるのだろう。

しかし、区切られた時間でテストが始まってしまうと緊張もする。
なかなか冷静に考えられない。
慣れない環境というのもあるが、やっぱりもうちょっと早く気づきたかったなぁ。

何事も経験、切り替えて行こう。